ちーちゃんのパン工房:ブリオッシュ・ア・テート
-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-11-09 Thu
ブリオッシュ・ア・テート
久しぶりのパン教室です。
今日は、ブリオッシュを作りました。
まずは、お勉強です。どういう配合のものでどこから伝わったみたいな感じでお話をききます。そしてこんなアレンジもありますよっていわれるのでメモ、メモ、メモです。
話の内容は「マリー・アントワネットがオーストリアからフランスに嫁ぐ時に伝わったと言われているブリオッシュ(仏:Brioche)は、バターと卵を普通のパンより多く使った食品です。
アントワネットの有名な言葉の中に「パンが食べられないのならお菓子を食べればよいのに」に出てくる「お菓子」とは、このブリオッシュのことをさしているようです。
名前の由来として、地方名のブリー (brie) や僧侶の座った形であるという説があるようです。
今回作る「ブリオッシュ・ア・テート」というのは雪だるまのような形で表面はサックリ、中はコシのある食感です。ブリオッシュの型に入れて焼きます。同じ生地でも配合や形を変えると、『シュクレ』は薄く伸ばして焼き上げるので、サクサクの食感。『オランジュ』はオレンジピールの蜜によってシットリとしたケーキのような食感が味わえるそうです。」
この雪だるまみたいな成形は思っていた以上に難しかったんです(苦笑)
見てください!!さまざまなお顔でしょ。
これじゃぁアントワネットがつまんでくれないわ~
20061109153706.jpg

でも焼きたての香りは、ケーキそのものです♪
またリベンジしてみますね。
型もほしくなってしまいました。
20061110221530.jpg

↑なんかかわいくって落書しちゃった♪
息子は、動物パン同様、上の生地をちぎってたべていました(笑)
苦労してちぎれないように転がして、埋め込んだのに、いとも簡単にちぎられてしまって・・・・
スポンサーサイト
別窓 | ABC BREADコース/マスター | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<木の葉丼 | ちーちゃんのパン工房 | あっさり焼肉>>
this comment
この記事のコメント
ああ、いいねぇ。
ブリオッシュ!配合が知りたいって思ったけど、これはパン教室の
なのよね(泣)
成型は一度あきらもやったけど、けっきょくちぎって大小丸型作って
のっけちゃった(笑)
また、リベンジしたときはちゃんとやってみよっと。
かわいいね、にこにこのブリオ君(笑)
2006-11-10 Fri 23:24 | URL | あきら #-[ 内容変更]
生地の配合としては、そんなに変わりなかったですよ。ただ牛乳ではなく、スキムミルクを使っていました。また卵黄1個と全卵を使っていた事くらいでしょうか。今度牛乳を使って焼いてみようと思っていますw
少し生地の配合を変えてレシピ載せてみようかな。超リッチにに生クリームなんて入れちゃったら??とか・・・
成形は8個目でようやくコツをつかんだって感じですw
このちぎれない程度に細くして、ねじって押し込むって作業が難しいんです~
2006-11-11 Sat 18:42 | URL | ちーちゃん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| ちーちゃんのパン工房 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。