ちーちゃんのパン工房:牛鍋
-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2015-07-25 Sat
牛鍋
明治村の牛鍋が食べたくて

大人の遠足に出かけた

11745440_1018442188190568_3316512560772591461_n[1]

梅雨も明け良いお天気

今年で50周年を迎える明治村

以前明治村に訪れたのはいつの事だろうか?

中学の3年に遠足で来て

その後は友人たちと数回来て以来だから

かれこれ20年も前になるかな?(苦笑)

なんだか随分と変わった気がするのも当然でしょうね。

今では、ロケ地としても活躍してるみたいです

さて、今回のメインはあくまでも牛鍋

でもね、これがいい値段するんですよ(苦笑)

松 5200円  竹 4100円

ランチと思えば贅沢ですが、

これが目的ですから頂いちゃいましょう

大井牛肉店は、岸田伊之助が明治20年(1887)頃

牛肉販売と牛鍋の店として建てたれたようです。

洋風のデザインであるが、日本古来の技法が用いられ、

木造に白漆喰を塗って柱や窓廻りを形作っており

屋根構造も和小屋で、桟瓦を葺いている。  

玄関を入ると、店の土間が建物の前半分を占め、

裏に抜ける通り土間が左奥に、右奥には座敷の配置となっている。

牛鍋を供する場所は二階の大小四つの部屋であり

いずれも板敷きの洋間になっている。



卓袱台に炭火!!

明治村にはクーラーがなく暑い!!

喉がカラカラなので

お昼から贅沢にビールを頂いちゃいました。

その名も『西郷ビール』

これ、飲みやすくっておいしかったです♪

11750732_1018442054857248_2362207483582154536_n[1]

さて牛鍋ですが

この明治村では飛騨牛を扱っているようですが

当時は神戸牛だったようです。

当時の牛鍋に近い感じでお出ししているとか・・・

鍋に牛脂をひかず

お砂糖を大さじ2杯くらいでしょうかかけたら

牛肉を惜しげもなくてんこ盛りに・・・

その後醤油をかけ、野菜を盛っていく。

11800426_1020871127947674_8056081686244885171_n[1]

葱、椎茸、焼き豆腐、三つ葉、麩、糸こんにゃくという感じ

葱が斜め切り用と千切り用とあってたっぷり頂けるのがいいですねw

これは今度、お家で再現しないといけませんね。

楽しい大人の遠足でした。
スポンサーサイト
別窓 | お外ごはん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<父の死 | ちーちゃんのパン工房 | コラーゲンたっぷり>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| ちーちゃんのパン工房 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。